医療機関向け経営支援サービスなど

経営コンサルティング

ISO9001認証取得支援

事例のご紹介

背景

H病院は組織の活性化を目指したいと思い、病院機能評価とISOについて検討したが、どちらが必要かと悩んでいました。そこで双方の特性を説明し、提案したところ、自らが目標を設定し、自主的な改善を図り、常にシステムの維持と向上を図っていく「ISO9001認証」取得に興味を示され、支援スタートとなりました。

支援プロセス

まずは、職員全員の意識改革からスタートさせ、ISO規格要求理解のための教育をおこないました。その後、問題点の抽出・改善を行い、最終的にH病院独自の目標を設定し、自主的な改善を行いました。

支援効果
  1. 問題発生を個人の責にするのではなく、病院が持つシステムにあるという考え方が浸透し、事故報告書などが積極的に出るようになりました。また、事故の原因を設備や環境面にまで追及することによって有効な再発防止策が構築できました。
  2. 医師に対する内部監査などによって、透明性が格段に向上しました。また、内部監査機能は具体性に乏しい活動を抑制するものとして有効でした。
  3. 問題発生時、閉鎖的な環境で表面的な対策だけであったものが、再発防止の認識が徹底され、規定・基準が確実に見直され、これらの内容が格段に向上しました。
  4. 患者とその家族を意識した活動が病院組織全体で推進されるようになりました。