スマートフォン版はこちら

新着情報

プレスリリース 2018.08.01

薬剤師のやりがいを体感!「薬剤師体験インターンシップ」今年もスタート ~役立つ3つの内容を1日で体験する凝縮インターンシップ~

当社グループの「薬剤師体験インターンシップ」は、6月~翌年2月において、3年生から5年生の薬学生を対象に、研修や職場体験をおこなう取り組みです。今回もセミナー形式ではなく、学生一人ひとりが考え、体験できる1DAYのプログラムを用意しました。3都市(東京、大阪、福岡)を中心に全国各地で計約100回開催する計画で、昨年度は約700人が参加し好評を得ています。

 

1日コース ~1 DAYインターンシップ~
(1)「専門薬剤師体験」
がんや糖尿病の症例を用いた専門薬剤師の業務体験(症例検討)をとおして、これからの薬剤師のあり方を考えます。

(2)「マネジメント体験」
誰もがリーダーになれるという考えのもと、薬局長になるための研修体験をとおして、自身のリーダーシップ特性を見出し自身が実践できるリーダー像を思い描く体験をしていただきます。

(3)「キャリアビジョンの考え方」
就職活動の軸となる自分にとっての「仕事の価値観」について、自己ワークとグループワークをとおして答えを出します。

※全てのプログラムにおいて、インターンシップ担当者からのフィードバックがあります。

※開催日時などの詳細は、

当社採用サイト「薬剤師(新卒採用)」をご参照ください。

今後も当社グループは、薬学生向けのさまざまな取り組みを通じて、薬学生一人ひとりが自分自身の夢に向かって歩み出すための支援をおこない、社訓である「すべての人々にとってかけがえのない、価値ある企業」をめざしてまいります。

インターンシップの社会的背景

2010年度から薬学生(5年次)は、病院や薬局での5か月間の実務実習が義務化され、薬学知識はもちろん、より実践的なスキルの習得が求められています。そのため、実務実習前に実際の薬局の業務内容を体験できるインターンシップの重要性が高まっています。また、インターンシップは薬学生が企業や仕事についてきちんと理解したうえで就職活動ができるため、ミスマッチを防ぐ一助となっています。

(ご参考)薬剤師の育成制度について

当社グループは、充実した研修制度で薬剤師として、企業人として社会に貢献できる「人財」の育成をめざしています。大きくは、薬剤師としての専門能力を育成する「スキルアップ編」と、薬局運営の能力を育成する「マネジメント編」に分けられ、スキルアップについては独自に開発した教育システム「GOES(ゴーズ)」をとおして着実にスキルのレベルアップを図ります。

※GOESとは、薬剤師階層別OJT教育システム(Gradable OJT Educational System)の略称です。

詳細は、公式ホームページ「薬剤師の教育体制」をご確認ください。

薬剤師のやりがいを体感!「薬剤師体験インターンシップ」今年もスタート ~役立つ3つの内容を1日で体験する凝縮インターンシップ~(177 KB)