スマートフォン版はこちら

新着情報

プレスリリース 2018.08.07

株式会社ロッテと協力し、「オーラルフレイル(口腔機能の衰え)」啓発・予防の取り組みを開始

健康イベントの様子

当社グループは、株式会社ロッテの協力を得て、8月6日からそうごう薬局など37店舗で、「オーラルフレイル」の啓発・予防の取り組みを九州より開始しました。順次全国へ展開する予定としています。

実施する37店舗は、健康サポート薬局の認定を受けている31店舗とその近隣の6店舗。「噛む」ことを研究している株式会社ロッテの専門性、知見などをいかし、薬剤師によるオーラルフレイルの啓発活動やチェックツールを活用したアドバイスをおこないます。他店舗での展開についても今後検討していきます。

オーラルフレイル予防の必要性

咀嚼チェックガム

オーラルフレイルとは、口腔機能の低下や食べる機能の障害、さらには心身の機能低下にまでつながる「負の連鎖」に対して警鐘を鳴らした概念で、口腔機能が健康な状態と機能障害をもった状態の中間にあることを意味します。オーラルフレイルを放置すると、生理的老化に加え、口腔機能の低下が進み、食欲低下や低栄養につながるため、オーラルフレイルの早期把握と介入(治療や予防)をおこなうことが重要です。

取り組み概要

1.健康イベントを通じた啓発活動

 (項目例)
 ・ オーラルフレイルについての説明
 ・ 咀嚼力および咀嚼の効用についての説明
 ・ 各ライフステージにおける「噛む」と「健康」の意義を解説
 ・ 「XYLITOL咀嚼チェックガム」を用いた咀嚼の判定

2.薬剤師からのアドバイス

  オーラルフレイル対策についてのアドバイスをおこないます。

 

今後も当社グループは“みんなの健康ステーション”として、地域にお役に立てるさまざまな取り組みで皆さまの健康をサポートすることにより、すべての人々にとってかけがえのない価値ある企業をめざしてまいります。

株式会社ロッテと協力し、「オーラルフレイル(口腔機能の衰え)」啓発・予防の取り組みを開始(171 KB)