沿革
COMPANY HISTORY

当社は、1978年(昭和53年)に「株式会社総合メディカル・リース」として、社員7名、資本金2,000万円で医療機器のリース事業をスタートしました。70年代後半、医療界は高齢化社会に向けた医療費抑制が始まり、また、医師優遇税制の改廃などを背景に医療機関の経営不安が始まった時代でした。
このような環境変化のもと、当社はお客さまの不安や課題を解決するため、従来のリース事業に加え、医業経営まで踏み込み、コンサルティングをベースとした支援事業を開始しました。
1987年に不動産仲介業、医業承継事業、入院患者向けのテレビレンタル事業を開始、1988年には「そうごう薬局」第1号店を開設しました。そして、1989年10月に、事業の多角化にともなう業態の変化に応じて、社名から「リース」という文字を外し「総合メディカル株式会社」と変更しました。

創立以来、当社は”会社は何のために存在するのか”ということを常に意識し、お客さまに喜んでいただき、社会に貢献することを大切にしてきました。以降も、2000年の株式上場を経て、M&Aも活用しながら拠点網を全国に拡大。地域医療の継続と活性化を支援する「DtoD」という新しい事業を生み育て、時代のニーズに応じて、医療機関を経営面から総合的に支える企業として現在に至っています。

6月

商号を株式会社総合メディカル・リースとして資本金2千万円で創立

2月

100%出資の株式会社エス・エム・イーを設立

10月

不動産仲介業、医業承継事業を開始

11月

入院患者向けテレビのレンタル事業を開始

5月

調剤薬局のそうごう薬局1号店を開設

10月

総合メディカル株式会社に商号変更

11月

医療関係者を対象とした会員制度「グリーンメンバーズ」(現・サクシードメンバーズ)を開始

3月

株式会社エス・エム・イーを株式会社そうごう薬局に商号変更

10月

医療施設の企画・設計・施工を事業目的とし、100%出資の株式会社ソム・テックを設立

8月

医療従事者を対象とした有料職業紹介業を開始

8月

東京証券取引所市場第二部に株式上場

9月

東京証券取引所市場第一部に株式上場

10月

医業継承・医療連携・医師転職支援システム「DtoD」を開始

1月

調剤薬局100店舗

12月

医療従事者の紹介・派遣を事業目的とし、100%出資の総合メディプロ株式会社を設立

4月

病院運営管理受託を開始

8月

三井物産株式会社と業務提携

6月

調剤薬局の株式会社あおば調剤薬局の全株式を取得

1月

医薬品等の販売を事業目的とし、100%出資の株式会社エス・エム・イーを設立

11月

住宅型有料老人ホームを事業目的とし、100%出資の総合ケアネットワーク株式会社を設立

6月

介護付有料老人ホームの株式会社サンヴィラの株式を取得

4月

調剤薬局500店舗

2月

医療施設内装工事の株式会社ジィ・エムの株式を75%取得

4月

病院内の売店・コンビニエンスストアの株式会社文教の全株式を取得

10月

当社単独による株式移転により純粋持株会社である総合メディカルホールディングス株式会社を設立

3月

調剤薬局の株式会社クラクシーの全株式を取得

10月

当社を存続会社として総合メディカルホールディングス株式会社と合併
株式会社文教と株式会社ルフト・メディカルケアを当社の直接保有子会社としてグループ組織再編

5月

調剤薬局、介護事業の株式会社中日エムエスの株式を95%取得

7月

100%出資の総合メディカル・ファーマシー中部株式会社が調剤薬局の株式会社柏友堂の全株式を取得

3月

株式会社サンヴィラの全株式を譲渡
調剤薬局の広栄薬品株式会社の全株式を取得

4月

100%出資の総合メディカル・ファーマシー中部株式会社が株式会社柏友堂を吸収合併

総合メディカルホールディングス
株式会社 沿革

SOGO MEDICAL
HOLDINGS CO., LTD.

10月

総合メディカル株式会社を事業会社とし、純粋持株会社として総合メディカルホールディングス株式会社を設立

11月

総合メディカル株式会社が保有する株式会社保健同人社と株式会社文教の全株式を取得

5月

株式会社ルフト・メディカルケアの全株式を取得

2月

三井物産株式会社との業務提携を解消

4月

MBOにより、東京証券取引所市場第一部上場廃止